中年太り

女性にとって中年太りは絶対に避けたいものですよね。
中年太りは、若い頃の「太る」のとは全く性質が異なり、たるみが同時に起こって見た目のおばさん化が一気に加速します。その為、若さを保つと言う意味でも中年太りはなんとしても阻止しなければいけません。

ここでは、女性の中年太りの原因と、中年太りを回避するために筋トレが大事になる理由を解説します。

女性にとって中年太りは死活問題。見た目も中身も老化を加速させる原因になる為、何としても阻止したいものです。

しかし、人は20歳位をピークに年々筋肉が衰えてきます。筋トレを定期的に行い筋肉の強化に努めていれば別ですが、何もしていなかった場合は確実に筋肉は減り、一般的に、年0.5%~0.7%の割合で減ってしまいます。

また、歳をとればとるほどその筋肉の減り方はスピードを増します。
50歳以降では、年1%以上もの筋肉が減るとされますから、年をとるたびに体が動かなくなるのも当然ですよね。筋肉が減ればその分代謝が下がりますから、歳をとるたびに太りやすくもなりますし、太ると余計に体を動かすのが億劫になるため、さらに動かなくなって筋肉が減ると言う悪循環に陥ります。

だからこそ!中年太りは放っておいてはいけません。早いうちに対処することが若い体をキープするためにはとても大切になります。

中年太りはまさに老化の始まりです!でっぷりしたお腹、大きく垂れたお尻など、女性の誰もが恐れる「おばさん体型」を加速させる前に、早い段階で対処しましょう。

中年太りの原因は筋肉の衰えから始まります。そうした女性の中年太りを加速させないためにも、定期的に筋トレを行い筋肉を維持することが大切です。

女性の中年太りを食い止める鍵は筋肉を増やすこと

筋肉によるエネルギーの消費量は、基礎代謝量の20%~30%を占めています。筋トレによって筋肉を増やすことで、この基礎代謝量を高めることができ、食事制限等に頼らなくても痩せやすい体を作ることができます。

つまり、中年太り解消の鍵は筋肉にあります。いつまでも若々しい身体、そして女性らしい肉体をキープするためにも、筋肉を減らさず増やす心がけを意識することを心掛けましょう。

筋肉を1キロ増やすだけで年2.5キロ痩せられる

ちなみに筋肉を増やすとどれぐらい基礎代謝量が上がるのでしょうか?

これは、筋肉を1キロ増やした場合、1日の消費カロリーが約50キロカロリー増えると言われています。
50キロカロリーとなると、チョコレート2かけ分ぐらいでしょうか。そういわれると、ほんの微々たるカロリーじゃないか、、と感じる方も多いかもしれませんね。

筋トレに頑張って励んで筋肉量を1キロ増やしたところで、消費カロリーがこれしか変わらないのでは、やる意味がないのでは?と思われるかも知れません。私もかつてはそう思っていました。しかし、塵も積もれば山となります。これを1年間続けた場合、1日50キロカロリーの365日分は18,250キロカロリーにもなります。脂肪は1キロで7,000キロカロリーほどですので、一年で計算するとおよそ2.5キロ痩せることができます

食事を変えなくても年に2.5キロも痩せることができ、中年太りのおばさん体型を解消できるとしたら、一日たったの50キロカロリーも侮れない数字なのではないでしょうか。

現に私も、運動習慣が身についてからと言うもの、本当に太りにくくなりました。食べても太りにくい体になれたのは、間違いなく筋肉を維持するために体を鍛えているおかげです。

筋肉を鍛えて若い体をキープしよう

女性らしい体型

女性の中年太りの原因はズバリ!筋肉の減少にあります。痩せてスリムな体型、若いままの肉体を維持したいなら、まずは筋肉を鍛えて、筋力アップを図りましょう!

もちろんダイエットの為には食事制限も大切ですが、食事制限だけでは脂肪はおろか筋肉までもが減ってしまいます。食事制限を取り入れたダイエットを行うにしても、必ずトレーニングを並行して行い筋肉を減らさないように気をつけてください。